家の鍵を紛失したときにできることとは?自分で対処できる?

家の安全に欠くことのできない鍵ですが、慎重に保管しないことがあるかと思います。

あなたが突然あなたの鍵を失ったときでも、予備の鍵が1つあれば、家に入らない可能性は減りませんか?

そのようなスペアキーですが、簡単に作れて難しい場合があります。

このコラムでは、自宅で使用されるキーのスペアキーを作成する前に確認する必要があることを紹介します。

予備の鍵と必要なものを作ることができる場所

私は毎日自分の鍵を失わないようにしていますが、鍵を失うことがあります。

あなたの鍵を紛失した場合、予備の鍵を作ることができるロッカーを見つけることは良い考えです。

専門のキーストアでなくても、特殊キーでないとホームセンターなどでもスペアキーを作ることができる場所が多い。

よく使われるディスク円盤のスペアキーをキーディスクと言うときは、身分証明書が必要な店があるので、事前にチェックする必要があります。

また、セキュリティカードを持たないとディンプルキーなどの防犯性の高いキーが作成されないことがあります。

スペアキーを作るときは、自宅の鍵のタイプをチェックした後、必要なものを用意しましょう。

予備キーを作成する際の注意事項

スペアキーを作成する店舗にキーを持ってきた場合、スペアキーが簡単に作成されることがよくあります。

ただし、鍵の種類によっては時間がかかるので、すぐに受信できない場合や、まったく作成できない場合は注意してください。

キーの種類によってはできない場合でも

1990年代後半に犯行被害者が増えたため、これまでのキーとは違う「ディンプルキー」という新しいキーが作成された。

ギザギザの形ではなく、ポットと凹みのある外観の鍵です。

このキーは、ディンプルキー専用のマシンを使用して作成されます。

したがって、そのマシンを持たないストアでは作成できません。

店内に機械があっても、メーカーからキーを注文する必要があり、同じ日にそれを受け取ることはしばしば困難です。

また、メーカーによっては防犯上の許可なしにスペアキーを作ることができない場合があり、店舗に機械があってもスペアキーを作ることができない場合があります。

したがって、ディンプルキーのスペアキーを作成する場合は、あらかじめ作成可能かどうかを確認してください。

一致するキーから一致するキーを作成できない場合でも

スペアキーを作成すると、必然的に目に見えないエラーが発生します。

一致するキーから一致するキーを作成すると、マスターキー(元のキー)からさらにエラーが発生します。

マッチングキーで作られたマッチングキーは、キーホールを悪化させることがあり、キーホールは使用できません。

したがって、持ち込んだキーの種類によっては、スペアキーの作成を拒否することがあります。スペアキーを作るときにはいろいろな理由があると思います。

しかし、予備のキーをたくさん作ると、キーの盗難や紛失の危険性が増します。

あなたがあなたの鍵を失ったときに、あなたが望むほどのものを作ることについて考えを止める方が良いでしょう。

予備のキーを作成するための原価見積

キーの種類はさまざまです。

したがって、キーの種類によっては、キースペアキーを作成するコストが異なります。

・ディスクシリンダーキー

一般的にアパートやマンションを使用し、広く使用されているディスクシリンダーキーは約300円〜600円で作成することができます。

時には身分証明書が必要ですが、比較的安価で現場で受け取ることができます。

・ロータリーシリンダーキー

ロータリーシリンダーキーは約400円〜800円で作成できます。

正確に作られたキーなので、一致するキーから一致するキーを作成できないことがあります。

身分証明書が必要かどうか、身分証明書が必要かどうか、身分証明書が必要なロッカーに記入されているかどうかを事前に質問しましょう。

・ディンプルキー

ディンプルキーのスペアキー製造コストは約3,000円~4,000円であり、上記キーよりも高い。

専用機が必要なので、価格は一般的に使用されるキーよりも一般に高くなります。

キーのタイプによって、スペアキーの価格と受信に要する時間が異なります。

キーを紛失した場合に備えて、予備のキーを事前に準備することをお勧めします。

あなたがあなたの鍵を失ったら、それを交換しよう

スペアキーを作成したら、それを落としても家に入ることができます。

ただし、削除されたスペアキーが選択されると、誰かがそのスペアキーを受け取ることがあります。

したがって、各シリンダーを交換しなければ、ドロップされたキーを使用して家に侵入される危険性があります。

キーを紛失したら、家に入れてからスペアキーを使わずに、シリンダー交換をすぐに受けるよう業者に依頼しましょう。

まとめ

スペアキーを作成すると、キーを紛失しても安全です。

スペアキーは、ロッカーだけでなくホームセンターでも作成できるので、作成すると便利です。

キーによっては、種類や種類によって料金が変わる場合があります。

また、鍵の種類によっては鍵を作る際に身分証明書などが必要な場合があります。

必要なもの、どれくらいの費用、どれくらいの時間がかかるかを確認した上で店に行くのは良いことです。

鍵を紛失した場合は、そのままにしないでください。鍵を交換してセキュリティを確保することをお勧めします。

関連記事

ページの先頭へ