部屋の鍵の取り付け方法とは?いくらぐらいでできる?

“ペットはドアを開けて部屋に入ったので、仕事に集中することはできません…” “おじいちゃんと痴呆のおばあちゃんがそれを知らずに部屋を出て行くとどうなりますか?”

このようにして、さまざまな理由で部屋に鍵を付けたい人がいると思います。

しかし、「どんな種類の鍵を購入できるのかわからない」などの理由で取り付けを躊躇している人たち、「鍵を取り付けする方法がわからない」人、

そうじゃない?

そこで今回は部屋の鍵の選択方法、取り付け方法、そのときの注意などを説明します。

目的に応じてキーを選択してください

部屋に鍵をつけるときは、どのような目的が必要かを考えてください。

まず、ペットが部屋に入るのを防ぐには、キーに簡単に接続できる補助キーで十分です。

あなたの家族に痴呆がある場合は、あなたの目を離している間隙に部屋を残して、危険な目に合うかもしれません。

このようなことを防ぐためには、部屋の内外をロックできる方が良いでしょう。

また、部屋のドアの種類によって、設置可能なキーが変わるので、あらかじめ部屋のドアの種類を選択して選択しましょう。

取り付け前に調査する必要がある事項

部屋に鍵を設置するときに調べる必要があることがいくつかあります。

まず、現在客室にあるドアのメーカー名とモデル番号を知る必要があります。

ドアの側面にはフロントと呼ばれる金属製の部品があり、そこにメーカー名とモデル番号が書かれていることを確認しますので、確認してみましょう。

ドアメーカーとモデル番号を調べるときは、部屋のドアの厚さとドアの側面にある金属部品の形状も調べてみましょう。

ホームセンターなどで購入を検討する場合は、店員と話しながら写真を撮って店員に相談してもらい、実際にホームセンターに持ち込んでもスムーズに話を進めることができます。

このように事前に部屋に鍵を設置する前に確認しておけば、タイプが合わないため、サイズの違いなどのトラブルを解消できます。

取り付け前に調査する必要がある事項

主に部屋のキーを取り付けするには2つの方法があります。

簡単に補助キーを取り付けする

ドアノブ自体を変えずにドアノブの近くに簡単に取り付けることができる補助キーを取り付けるタイプです。

簡単に取り外すことができます。

ホームセンターなどでも約1,000円で買えるものがたくさんあります。知識がほとんどない人でも簡単に取り付けできるので、困りたくない人におすすめです。

キー付きドアノブ本体

すべてのドアノブを交換し、キー付きのものに置き換えるタイプです。

内部または外部からロックできるものがあります。

補助キーと比較して、頑丈なので安心感があります。

この2つの方法で鍵を部屋につけるときには、先に説明したようにドアの寸法をあらかじめ調べる必要があるということを認識する必要があります。

検査される部分は、ドア自体の厚さ、正面から見たドアノブの中心からのドアエンドの長さ、ドアの隣の金具の長さおよび幅などである。キーとドアノブの種類によって違いはありますが、全体的な流れはシンプルで、次のような流れになります。

・ドアノブを取り外す(ドアノブを交換するとき)

・必要に応じてドアに穴をあける

・ドアノブとキーを取り付ける

一般的な円筒形のドアノブとレバーハンドルの詳しい取り付け方法については、「家族のプライバシーを守ろう!ドアノブをキーで簡単に交換できますか?」をお読みください。
「初心者でもOKです!ドアハンドルをレバーハンドルに変更する方法

完全な説明!

業者に難しいかどうか尋ねましょう

私はキーを取り付けする方法について説明しましたが、一部は “自分でキーを取り付けするのが難しいようです…”と感じたかもしれません。

また、キーを取り付けるときにドアの寸法がずれていると、キーの取り付けに失敗することがあります。

キー取り付けを請負業者に委ねる方法もあります。

請負業者に依頼することは費用がかかりますが、あなたの部屋に合ったキーの種類と交換キーを適切に調べることができます。

部屋のキーを設置する費用は、場合によって異なりますが、およそ5,000円から3万円と言われています。

まとめ

部屋に鍵を付けるときには、鍵をどのような目的のために付ける必要があるかを考えることが重要です。

どのタイプのキーを添付するかが変更されるためです。

ペットが部屋に入るのを防ぐには、簡単に設置できるキーを使用できます。

一方、認知症の人が家族である場合、簡単に取り付けできるキーでは少し不安かもしれません。

そのため、ドアノブを変更することができ、ロックすることができる内側と外側を入力することができます。

鍵をつけるときは、あなた自身で取り付けすることが難しいと思っているかどうか、業者に尋ねましょう。

そうした場合、取り付け後も問題を起こすことができます。

関連記事

ページの先頭へ